みごとに合格しました

バイクでツーリングしたい。
そう思って、本当は中型や大型バイクの免許を取りたいと思っていたのですが、原付免許に挑戦しようと思います。

そこで、早速原付免許を取りに講習と受験に行きました。
ネットで調べることができるので、原付免許の準備は簡単にできました。

「お手軽取得ガイド」にも載せていますが、実際には、こんな感じで進めました。
原付免許は、教習所に通わなくても受験可能な学科の試験に合格するだけで、運転免許をとることができました。
そして、合格後に、原付講習の受講をしました。
 
バイクでツーリングとはいきませんが、ちょっとした日常のクルマとしてはすっごく便利なのが原付免許です。
ちょっとコンビニへ、ちょっとジムへ、など、気軽に乗れるところがいいです。
でも、原付免許は、簡単に取れるとはいえ立派な乗り物です。
法規やマナーを守り、防衛運転に努めないとたいへん危険な乗り物ですから、走行には交通安全を守って規則正しく運転しましょう。

原付免許受験には、以下のものを持っていきました。

縦3.0cm × 横2.4cmの写真を1枚 
本籍地が記載されている住民票
自分の印鑑 

そして、必要経費として、以下の名目で支払いました。

受験費用 7,350円
受験料 1,650円 
原付講習料 4,050円 
免許証交付手数料 1,650円

次に、「適性検査」という検査も受けました。
視力・聴力・運動能力など、原付の運転に必要な能力があるかの検査でした。

視力検査は、メガネ・コンタクト使用して両眼で0.5以上あったので合格でした。
色彩識別能力検査は、赤、青、黄色の区別がつけば合格でした。
色弱の方でも、信号機の色が見分けられれば合格できます。
聴力検査は、90デシベルの音が聞こえれたので合格で大丈夫でした。
補聴器の使用も認められていますので、係りの人にいえば可)
この検査ですが、名前を呼ばれたときに、すぐに返事ができれば合格になります。
カンタンですね。
運動能力検査は、手足や指、身体が運転に支障なかったので合格でした。
義手や義足の方でも、運転に支障をおよぼす恐れがなければ合格できます。
ちょっとした、手足腰首の柔軟体操で終わりました。

次に、学科試験があり、その制限時間は30分でした。
学科試験で90パーセント以上正解すれば合格です。

問題は48問ありました。
学科試験の問題用紙を読みながら、別の解答用紙に解答していきました。
ある程度は勉強していたので、ほとんどの問題に解答でき、かなり自身がありました。
これは、マークシート式といって、正しいものは『正』の欄を、間違っているものは『誤』の欄を黒く塗りつぶすという、いたって簡単な方法です。
そのうちの2問はイラスト問題で、おのおの3つの設問がありました。
3つすべてを正解すると2点が配点され、合計50点満点で45点以上が合格となります。

45点以上というと難しそうに感じますが、ちょっと勉強しておけば、満点を取ることはそんなに難しくないので、心配しなくていいです。

ですが、何も勉強しないで合格するのは難しいでしょう。
合格率は30〜40%くらいだということなので、「原付免許最強総まとめ問題集」はやっておきましょう。
とは言っても、原付試験の問題が難しいわけではありません。
合格基準が少し厳しいので、ある程度問題に関して完璧でないといけないわけです。

私は、「原付免許最強総まとめ問題集」を何回か繰り返して勉強していたので、みごと合格基準をクリアして念願の原付免許を取ることができました。

これから、原付免許を取りたい人は、このブログに書いてあることだけをしっかり勉強していけば、合格も近いと思いますよ。

理解が簡単な原付免許最強総まとめ問題集

経済も復調気味にある現在、勝ち組と負け組みの差はスキルの差と言っていいでしょう。
原付免許はこれからの資格ですから、今後ますます需要は増えていくでしょう。
また原付免許は実社会に根ざした資格ですので、その人気は衰えを知りません。

このように役立つ資格ですから、原付免許の学習はおざなりでは合格はできません。
ここで原付免許費用をけちって独学の道を選ぶと後々苦労することになります。

原付免許の講座は受けたほうがいいです。
原付免許の講座はどこもかしこもやっていますから、そうなると選ぶのがまた一苦労です。
まず、原付免許講座の核はテキストなどの教材です。

いわゆる手抜きの教材では、標準学習時間に全然足りないひどいものが多数あります。

次にチェックする必要があるのが原付免許講師の質問対応などです。
日々の原付免許の学習の中で、テキストだけでは解けないようなものに必ずあたることになります。

そのときに原付免許について質問したり相談したりできる講師がいるかどうか、体制が整っているかどうか

も見るべきです。
原付免許は難しいしい試験ではありませんが、原付免許の学習期間もそれなりになります。
原付免許資格の有無によって就職や転職、昇進などが決まるケースもありますから、慎重に決めましょう。

パンフレットなどを請求すると原付免許講座の内容が事細かに書かれています。
何事もしっかりと事前調査することが重要ですから、原付免許の資料を精査しておきましょう。

原付免許最強総まとめ問題集はビジネス書には珍しい、レベルを問わず役立つ本だと思います。
実体験ほど参考になるものはないとよく言われますが、これはまさしくその通りです。

原付免許最強総まとめ問題集は、内容的に難しいところもわかりやすく書いてあり事例形式で説明してあるので理解が簡単です。
原付免許最強総まとめ問題集は、けっこう読ませる文体なので、最後まですっと読めてしまいます。
原付免許最強総まとめ問題集は、ちょっとした時間にも読めますね。

物事は全体像を把握することが大事です。
原付免許最強総まとめ問題集は全体像の把握に使える本です。
中級者にとっても知識の再確認、原付免許最強総まとめ問題集事例研究などで使える本ですね。

原付免許最強総まとめ問題集はこの分野の書籍ではまず読んでおかなければならない一冊です。

原付免許最強総まとめ問題集

原付免許を取るために、試験勉強が必要ですが、これだけおさえればよいという問題集を紹介します。

「覚えるのはこれだけ!原付免許最強総まとめ問題集」

免許試験の問題には、基礎になるパターンが必ずあり、多くの問題がそれらをちょっと変化させたものです。
ですから、基礎パターンさえ覚えれば、大抵の問題には対応できます。
この問題集は、基礎パターンを解き明かし、ひっかけ問題の対応術も紹介してあります。

目次

1 覚えるのはこれだけ!最重要問題スピード攻略

運転者の心得―運転者の責任と交通ルールの遵守
交通用語―交通用語の意味
運転免許―運転免許の種類と運転できる車
原動機付自転車の点検―原動機付自転車の点検内容
運転に必要な準備
正しい乗車姿勢・乗車時の服装

2 ドタン場であせらないために!
まちがえやすい問題対策
数字をきっちり覚えよう!
図をしっかり読み解こう!
標識・標示をおさらいしよう!
徐行か一時停止かを整理しよう!
信号・追い越し・駐停車についてまとめよう! ほか

3 実力を試そう!実戦形式模擬テスト

本の後ろに5回分の模擬試験が用意されていますので、この模擬試験を2回ずつやって、一度間違った所を復習して、もう一度解くなどして、何度も反復で問題を解いておけば、試験場の本試験も安心して望めます。

「この本で勉強して合格しました 一発でしたよ」という人も少なくありません。
分かり易くイラストで解説してあり、ポイントが明確で勉強しやすい作りになっています。

原付免許を取るために必要な十分な量が入っているのに適度に薄いため、何回もまわして勉強できます。
また、実戦形式の模擬テストが5回分入っているので回答の感覚をつかめますので、原付免許を取るためには、これ一冊で十分ではないでしょうか。

結構、親切に解説してるので分りやすいので、おすすめです。

この他にも、「原付バイク免許を1日で取る法―マンガ図解」というテキストもあります。
薄くてちょうど良い本でした。
これは、原付免許を取るためだけでなく、実際に乗る様になってからも役立ちます。

「一発で合格!原付免許学科試験〈2007年度版〉 」は、必ず出る問題として、これだけははずせない450問が出ています。
難問・ひっかけ問題にもがっちり対応しています。

「ナゼ?に明解、全問解説」付きで、『答え合わせシート』でラクラク答え合わせができるので、原付免許を取るための試験対策はばっちりです。

受験には事前の準備と対策が大切

原付免許に挑戦しようと思っている方のために、お手軽取得ガイドをご案内します。

教習所に通わなくても受験可能な原付免許は、学科の試験に合格するだけで、運転免許をとることができます。
ただし、合格後に、原付講習の受講が必要です。
 
雨の日はちょっと・・・だけど、日常の足としてはすっごく便利な原付免許です。
原付免許は、簡単に取れるとはいえ法規やマナーを守り、防衛運転に努めないとたいへん危険な乗り物ですから、走行には交通安全を守って規則正しく運転しましょう。

たとえば走行中に原付バイクが転倒したときのことを考えてみてください。
原付バイクが転倒した場合は、擦り傷で済むなんてことはほとんどないです。
ということで、人に危害を与えることなく、自らも被害者になったり怪我をすることがないように、しっかりと原付バイクの知識をつけて下さい。

受験に必要なものは、次のものです。
忘れ物をしないように、事前にしっかり用意しましょう。

1.写真 1枚 縦3.0cm × 横2.4cm
2.住民票 本籍地が記載されているもの
3.印鑑 
4.受験費用  7,350円
5.受験料 1,650円 原付講習料 4,050円 免許証交付手数料 1,650円

原付講習は自動車教習所で受けられる県もあります。

適性検査という検査もあります。
視力・聴力・運動能力など、原付の運転に必要な能力があるかを検査します。

1.視力は,両眼で0.5以上あれば合格です。(メガネ・コンタクト使用可)
  片眼が見えない方でも、左右の視野が150°以上で、視力が0.5以上あれば合格です。

2.色彩識別能力は、赤、青、黄色の区別がつけば合格です。
  色弱の方でも、信号機の色が見分けられれば合格です。

3.聴力は90デシベルの音が聞こえれば合格です。(補聴器の使用可)
  名前を呼ばれたときに、すぐに返事ができれば合格です。

4.運動能力は、手足や指、身体が運転に支障なければ合格です。
  義手や義足の方でも、運転に支障をおよぼす恐れがなければ合格です。

学科試験の合格基準ですが、学科試験で90パーセント以上正解すれば合格です。

1.制限時間は30分です。

2.問題は48問です。
  学科試験の問題用紙を読みながら、解答用紙に解答していきます。
  マークシート式で、正しいものは『正』の欄を、間違っているものは『誤』の欄を黒く塗りつぶします。
 2問はイラスト問題でおのおの3つの設問があります。
  3つすべてを正解すると2点が配点されます。
  合計50点満点で45点以上が合格となります。

最近の原付免許試験は昔と違い結構な合格率なんです。
一昔前は受かって当たり前だったみたいですが、今は交通の変化に伴い、事故も増加傾向にあります。
半端な自覚しか持っていない人には乗って欲しくないのでしょう。
合格率は30〜40%くらいです。

とは言っても、原付試験の問題が難しいわけではありません。
合格基準が少し厳しいので、ある程度問題に関して完璧でないといけないわけです。

事前の準備と対策が大切だということです。

原付免許の取り方

気軽に乗れて、近所を走るにもちょっとした遠出にも便利な原付バイクです。
原付バイクに乗るためには教習所に通う必要はありませんが、試験問題対策と原付免許の取り方をレクチャーします。

原付バイクは、自転車よりラクに遠出もできるので、確かにとっても便利ですよ。
でも、誤解のないよう、原付バイクといってもしっかり講習を受けて安全運転をしましょう。

原付バイクは、原付とも呼ばれていますが、正式名称は、「原動機付自転車」といいます。
50ccまでの小型バイクを指し、いわゆる原付・原チャリと呼ばれることも多いです。
自動車の仲間ではなく、自転車の仲間になるんです。

原付バイクは自転車の仲間とはいっても、運転するには免許が必要です。
原付バイク免許試験場で学科の試験に合格し、試験場・または指定自動車教習所にて、原付講習を受けることで、原付免許が交付されます。

「原動機付自転車」は、自動車ではなくあくまで自転車であるので、交通規則を守らなければいけません。

・時速30km以下 で走行する
・二段階右折を守る
・高速道路走行および二人乗りは禁止

などなど、原付バイクの運転走行には厳しい決まりがあります。

ですが、自動車とは違って、原付免許は、自動車教習所に通って何時間もの教習を受ける必要はありません。
学科試験と原付講習(3時間ほど)だけなので、気軽に免許が取れます。

免許の更新などで運転免許試験場・免許センターなどを訪れた人は知っていると思いますが、平日・休日関係なく、いつでもものすごい混雑です。

どの地域でも免許試験場・免許センターは混み合うところが多く、原付講習をなかなか行っていないのが現状です。
地域によっては、「学科試験に合格した中から先着順で何名まで」というように、決まった人数しか受け付けてもらえないこともあります。

原付免許には、学科試験の合格と原付講習の修了が不可欠なのですが、原付講習が受けられないんじゃ、いつ免許が取れるのかわからないという方は、事前に講習を受けておくことをおすすめします。

原付講習は各地の指定自動車教習所で受け付けているので、運転免許試験場が遠い場合はかえって便利です。
原付講習を受けると修了証が交付されますが、この有効期限は1年間です。

有効期限内に、これを持って都合のいいときに学科試験を受けに行けば交付してもらえます。
先に原付講習を受講しておけば、余裕を持って学科試験を受けることができるということです。